専門医制度単位について

本学術集会において取得できる研修単位は次の通りです。

日本リウマチ学会・リウマチ専門医

学術集会出席:10単位
発表(筆頭口演者):5単位

単位取得方法について

  • 会期中、WEB学術集会にログインし参加証をダウンロード・印刷し、専門医手帳に貼り付けてください。
  • これからリウマチ専門医資格を取得される方は参加証が単位の証明となります。
  • 2010年5月1日以降の入会者で今後専門医資格受験を申請される方及び専門医資格更新者(2014年までに専門医資格を更新せずに延長した方を除く)は学術集会出席による10単位以上の取得が必須となります。
  • 発表(筆頭)の単位は、抄録集のコピーが証明となります。

英語教育プログラムでの発表

日本リウマチ学会が主催した英語教育プログラムでの発表(筆頭):2単位

単位取得方法について

  • 発表されたスライドの1枚目をご提出ください。
    なお今学術集会では英語教育プログラムへの出席による単位はございません。

医療安全・医療事故・医療法制・医療倫理・感染対策に関する講演出席

出席:各1単位

対象講演

≪対象講演1≫

教育研修講演6「科学者のWell-beingのための志向倫理」

講師:
片倉 啓雄
≪対象講演2≫

教育研修講演13「関節リウマチ・膠原病患者の感染症のマネジメント」

講師:
大曲 貴夫
≪対象講演3≫

教育研修講演22「誰でもわかる臨床倫理 -現場における問題解決支援-」

講師:
三上 容司
≪対象講演4≫

教育研修講演25「患者安全の全体像~有事と平時の対応~」

講師:
長尾 能雅
≪対象講演5≫

アニュアルコースレクチャー6(ACL6)「全ての医療従事者が押さえておきたい,感染症診療,感染制御のキホン」

講師:
鈴木 克典

単位取得方法について

  • セッションを最後まで聴講いただき、設問にお答えいただくと、教育研修会受講証明書が発行されます。
    受講証明書をダウンロード・印刷し、専門医手帳に貼り付けてください。

本単位対象者

  • 2010年5月1日以降の入会者で、今後専門医資格受験を申請される方
  • 専門医資格更新者(ただし、下記を除く)
    なお、次の方は受講できますが単位は取得できませんのでご注意ください。
    ⇒2010年4月末日までの入会者で、今後専門医資格受験を申請される方
    ⇒2014年までに専門医資格を更新せずに延長した方

アニュアルコースレクチャー(ACL)出席

出席:7単位

※アニュアルコースレクチャーのみの参加は「学術集会出席単位(10単位)」にはなりません。

※アニュアルコースレクチャー(ACL)の詳細は日本リウマチ学会サイトをご確認ください。

単位取得方法について

  • 会期中、WEBアニュアルコースレクチャーにログインし参加証をダウンロード・印刷し、専門医手帳に貼り付けてください。

日本整形外科学会 教育研修会

単位取得認定講演受講ごとに1単位

詳細は「日本整形外科学会 教育研修単位について」をご確認ください。

日本専門医機構認定リハビリテーション科専門医

学術集会出席(iv)1単位

※要参加証(コピー可)

日本リハビリテーション医学会認定臨床医:学術集会出席10単位

※要参加証(コピー可)

※詳しくは日本リハビリテーション医学会事務局へご連絡ください。

日本医師会生涯教育講座

学術集会 ライブ配信の講演1時間の出席につき1単位

※カリキュラムコードの選定及び申請手続きは各自で行ってください。
詳細は日本医師会ホームページを参照ください。

日本内科学会・総合内科専門医

学術集会出席5単位

※要参加証(コピー可)

日本アレルギー学会・認定医・専門医・指導医

学術集会出席:4単位

※要参加証原本

筆頭発表:3単位

※要抄録該当箇所(コピー可)